ウォーターサーバーの水タンクの賞味期限はありますか?

ウォーターサーバーの水タンクの賞味期限は?

ウォーターサーバー水タンク

 

 

ウォーターサーバーを利用している方は、提供される水タンクの賞味期限について一度は考えたことがおありかもしれませんね。

 

毎日利用しているとタンクの水は順調に減っていくので、数日で入れ替えることになるかもしれません。

 

でも長期で旅行に行ったりしてしばらく水を利用しないような場合、このタンクの水は大丈夫だろうか?と少し不安になったりもします。

 

長期で家を空けるような場合、水タンクの賞味期限は大丈夫なの?

 

それでここでは、ウォーターサーバーの水タンクの賞味期限または消費期限についてご説明いたします。

 

 

まずいわゆる家庭の水道水の賞味期限ってどれくらいだと思いますか?

 

基本的に水道水をペットボトルなどに入れて常温で放置していた場合の賞味期限は、3日と言われています。

 

冷蔵庫に入れていたなら5日に延びます。水道水の場合は塩素などの消毒成分が3日〜5日で薄れてしまうので、それくらいの期間が賞味期限と言われているんですね。

 

水道水は常温で3日、冷蔵で5日が賞味期限

ウォーターサーバーは天然水だから賞味期限が短い?

 

では、ウォーターサーバーのような天然水の場合はどうでしょうか?

 

ウォーターサーバーのボトルはメーカーによって様々なタイプがありますが

 

開封時と未開封時で賞味期限が変わってきます。

 

ウォーターサーバーのお水は天然水の場合がほとんどなので、消毒用の塩素などを入れていません。

 

ですから基本的には開封して空気に触れたり、強い太陽光などは悪影響だと言えます。

 

元々が傷みやすい状態であるということを覚えておく必要があります。

 

日陰に保管した未開封のタンク水の場合は、メーカーによって差はありますが基本的に半年と表記されているものがほとんどです。

 

未開封のボトルで半年が賞味期限

 

中には1年や3カ月と表示されているメーカーのものもありますが、8割程度のメーカーが半年という表記をしています。

 

災害用の備蓄としての利用を考えると、半年という賞味期限は十分と言えるかもしれませんね。

 

ただし繰り返しますが、日の当たる場所の保管はできるだけ避けるようにしてくださいね。保管状態をしっかり良い物に保ちましょう。

開封したウォーターサーバーの水タンクの賞味期限は?

 

では、開封したタンクの水の賞味期限は一体どれくらいなのでしょうか?

 

 

実は開封後の賞味期限がどのくらいなのかということを、きちんと明確に記載をしているメーカーはほとんどないんです。

 

その理由は定かではないのですが、基本的には10日間〜30日間で飲み切るのが良いと回答しているメーカーがありました。

 

普通に毎日利用していたら、十分飲み切れる期間ですのでそこまで神経質になる必要はなさそうです。

 

開封後、ウォーターサーバーに設置した状態で10日間〜30日間

 

ただこの開封したという状態ですが、当然ウォーターサーバーに設置したということになります。

 

もしウォーターサーバーに設置せずに、使用する場合は開封後24時間以内に飲み干すことが推奨されているんですね。

 

ウォーターサーバーに設置した状態と、設置しないで開封した場合は賞味期限が大きく違ってきますので、要注意です。

 

 

なぜそこまで違いが生じるかと言うと、ウォーターサーバー自体の構造が空気が入りづらい構造になっています。

 

タンクの水が空気に触れないような工夫がされています。またエアフィルタなども組み込まれており、空気の最近なども除去するような仕組みになっています。
ですから、開封してもウォーターサーバーに設置した状態なら、10日〜30日は安心して飲めるという訳ですね。

 

ということでウォーターサーバーの水タンクの賞味期限はまとめると下記のようになります。

 

 

 

・未開封なら半年間

 

・開封してウォーターサーバーに設置した状態なら10日間〜30日間

 

・開封してウォーターサーバーに設置していない状態なら 24時間以内

 

 

 

ウォーターサーバー乗り換え TOPページへ