軟水と硬水 ウォーターサーバーの水の種類は?

軟水?硬水?あなたに合うお水の種類は?

軟水か硬水か

 

水の種類の中に、「軟水」と「硬水」があるというのは、みなさんよくご存知かと思います。

 

でも、実際のその違いとは何か?と聞かれたら正確に答えられる人は案外少ないかもしれません。

 

あなたはいかがですか?

 

具体的に「軟水」と「硬水」の違い、またそれぞれの特徴やメリットとデメリットについてご紹介していきます。

 

軟水と硬水の違いは?
硬度の違い。ミネラルの含有量の違いのこと

 

 

軟水と硬水の違いは、簡単に言うと「硬度」の違いと言えます。

 

硬度というのはなんでしょうか?

 

それは水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量のことで、WHO(世界保健機関)が定めている基準においては、硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水とされています。

 

 

 

口当たりや味の違いは?
軟水はまろやかサッパリ 硬水は重めと少し苦味が

 

 

 

前述のように、「硬度」というのは水に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量のことでしたよね。

 

それで、これらの濃度が高い硬水は、比較的口当たりが重く苦みを感じる人が多いと言えます。

 

逆にカルシウムやマグネシウムの濃度が低い軟水は、まろやかな口当たり、そしてとさっぱりとした風味が特徴と言えます。

 

私たちが日本人が日頃飲んでいる水道水や国産のミネラルウォーターのほとんどすべてが軟水です。

 

日本人には硬度の低い軟水の方が合うと言われています。

 


硬水のメリットとデメリット

 

 

軟水、硬水とそれぞれの特徴やメリットとデメリットはどのようなものでしょうか?
まずは硬水から見てみましょう。

 

 

【メリット】

 

 

 

 

便秘解消の効果

 

硬水は軟水に比べてカルシウムやマグネシウムが多く含まれています。そしてそのマグネシウムは、下剤に使われているこ成分です。

 

ですからマグネシウムを多く含む硬水は、消化器系に影響を与えます。そうすることで便通を良くする効果が期待できると言えますね。

 

ですから日頃からちょっと便秘気味だという方が、硬水のミネラルウォーターを毎日飲むことで、便秘が改善されたという報告もあります。

 

便通が良くなる効果を期待して、ダイエットをしている方が好んで飲む傾向もあります。

 

 

 

 

 

 

煮込み料理に適している

 

硬水には料理の際の肉の臭みを消したり、煮込んだ際のアクを出しやすくする働きがあります。

 

そういった意味で煮込み料理に適していると言えます。

 

ただし、日本料理の和風の旨味成分といわれるアミノ酸やたんぱく質も、残念ながら同時にアクとして出してしまうというデメリットもあります。

 

ですので、洋風の煮込み料理に使用するほうが、より適していると言えますね。

 

 

 

 

 

動脈硬化を予防

 

カルシウムやマグネシウムが豊富に含まれている硬水には、血液をサラサラにする効果があると言われています。

 

それゆえに動脈硬化を予防することにより、心筋梗塞や脳梗塞といった危険な病気リスクを減らすことが期待できます。

 

 

 

 

【デメリット】

 

 

 

 

結石リスクが高い

 

もし腎臓の機能が弱っていたり、問題がある方なら少し注意が必要です。

 

硬水に多く含まれるカルシウムを腎臓がろ過しきれないために、結石リスクが高まる危険があります。

 

腎臓が弱い方が毎日大量に硬水を飲用するのは控えたほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

お腹がゆるくなるかも

 

硬水に含まれるカルシウムは、下剤にも使われていることはご説明いたしました。

 

それゆえ便秘の解消に効果が期待できるということでした。

 

ということは逆に言うと、胃腸が弱い方の場合は、必要以上にお腹がゆるくなる場合もあるということになりますよね。

 

便秘の方にはいいですが、元々お腹がそれほど強くない方はちょっと注意が必要かもしれません。

 

 

 

軟水のメリットとデメリット

 

軟水のメリットとデメリットには以下のようなものがあります。

 

【メリット】

 

 

 

和風料理に適している

 

日本の料理というものは、素材の味を活かした味付けが魅力ですよね。

 

軟水は基本的に無味無臭ですから、日本料理などの繊細な香りや味を楽しみたい料理に使う上で適しています。

 

 

 

赤ちゃんや子どもでも安心

 

軟水はマグネシウムの含有量が硬水よりも少ないため、とてもお腹に優しい飲み物です。

 

ですから、赤ちゃんや小さな子どもたちにも、安心して飲ませることができます。

 

しかし、逆に硬水にはマグネシウムが多く含まれているため、胃腸に負担がかかるために、赤ちゃんや子どもの飲み水としては適していないと言えます。

 

 

 

【デメリット】

 

 

 

ミネラルの摂取にはならない

 

ミネラルは消化器系に良い影響を与えるため、便秘やむくみの解消、筋肉の痙攣や足がつるなどの予防効果があります。

 

特に現代人は、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが不足していると言われています。

 

ですが、それらミネラルが少ない軟水では摂取を期待できないんですね。

 

 

 

以上が軟水と硬水の特徴やそれぞれのメリットとデメリットになります。

 

日本の水道水は軟水ですし、現在は硬水を扱うウォーターサーバーはないようです。

 

ですから、もし今回の情報を通して、硬水を是非試してみたいと思った方は、スーパーなどで海外産のミネラルウォーターなどを購入することで硬水を利用することができますね。

 

 

ウォーターサーバー乗り換え TOPページへ